• ナース 転職 金, 5月 9, 2014 No Comments

    看護師の離職率などが問題になっているニュースを見かけたことがあるかと思います。資格を取ってしまえば就職がしやすい、不況でもあまり左右されずに仕事を探す、お給料をもらうことができるという魅力はありますが、精神的にも体力的にも厳しい、人手不足でオーバーワークになってしまうという問題もなかなか解消されないと言われています。


    ナース転職専門サイトで外の環境を知る

    ナースの転職で最大の難関となるのが、不規則なシフトや自分が働いている病院以外の環境などが把握しにくいということにあります。夜勤もあるナースの場合には、病院と面接などの連絡を付けることが難しいという面も、ナースの転職専門サイトであれば、新しい情報を常に仕入れてデメリットを考慮してアドバイスを出したり、希望に近い条件などを探してくれたりするスタッフがいますから、代わりに連絡を取ってくれます。また人間関係や教育体制などが不満で仕事を考えている場合には、移動する病院に教育体制が整っていないと意味がないですよね。


    病院に直接向かっているので生の声がわかる

    専門サイトのスタッフは実際に病院におもむいて、人事担当者などと話をしています。そのため、現場の雰囲気や生ナースの声を知っているのです。専門的な仕事ですから、働かないとわからない情報も事前に取り入れることができるというのは大きなメリットだと好評なのだそうです。

  • ナース 転職 月, 7月 6, 2015 No Comments

    ナースは数ある職種の中でもダントツの転職率・離職率を誇っているといわれています。
    医療業界の中でもかなり高く、高齢化の進む日本にさらなる大打撃を加えているようです。
    では、ナースたちはいったいどんな理由で職場を離れていっているのでしょうか?
    そして看護師不足問題は解決することができるのでしょうか?


    <ナースの転職理由は給料と働き方にある>

    まず理由の一つにあげられるのは、深刻なお金の問題です。
    ナースは初任給こそいいといわれており、その額は平均以上だとされていますが、そこからなかなか上がらないという現状があります。
    3年、5年と働き続けていても、給料は初任給に雀の涙ほどの金額がプラスされただけだというケースが多いようです。
    一方で仕事量はどんどん増え質も濃くなっていくわけで、やがて「給料と労働が釣り合わない」「こんなお金しかもらえないんだったら生きていけない」となるのです。
    また働き方にも大きな問題があり、特に人手が足りない病院では朝から次の日の朝まで働かされるという看護師も多いようです。
    それでいて夜勤手当はかなり低い額しか出ないようですし、これではなかなか続けていられなくなりますよね。
    育児休暇や有給休暇などの制度があったとしても、これではあまり使わせてもらえなさそうです。
    以上のファクターが重なりあい、ナースたちは職場を変えるという決断に迫られてしまうのです。


    <医療機関側が長く働ける環境を作ってあげる>

    看護師不足の背景には、このような劣悪な状況があるのです。
    これを改善できなければ、やがて患者の手当てができない国になっていってしまうでしょう。
    そんな未来を防ぎたいのなら、病院や診察所側がナースたちに働きやすい環境を提供してあげることが重要です。
    給料を年次に渡ってアップさせる、シフト制を徹底する、生活を圧迫しない程度の仕事の割り振りにする・・・などの対策を取ることが、今後の医療業界を救うかもしれません。
    これからのこの国の医療の行方は、看護師たちの働き方にかかってくるでしょう。

  • ナース 転職 月, 2月 9, 2015 No Comments

    日々の重圧に耐えるのは、そう簡単なことばかりではありません。
    たとえ、周囲の環境が他の人から見たら幸せで恵まれたものだとしても、本人はそう思っていないことも多いです。また、幸せで恵まれた生活だとしても、そこにはまた別の閉塞感を感じてしまうこともあるでしょう。
    何も問題はない。お金には不自由していない、友人や、家族、身の回りにいる人にも満足している。そんな人も日々の暮らしの中で感じる物足りなさ、終わりなき日常への渇き。最近発達したSNSでの人間関係の窮屈さなど、ナースの勤務外で感じる苦しみ、悩みもあるでしょう。
    ナースは人を癒す仕事。自分を癒してあげられない人がどうして、人の心や体の傷を癒してあげることができるでしょうか。


    <ナースの仕事がいやになったら>

    そんな日常に加わってくるのが、過酷なナースとしての長時間勤務です。これでは、心も体も休まる時がありません。仕事場では患者さんの対応に追われ、家では別の問題を解決しようと躍起になっているようでは、心と体を病んでしまうのも時間の問題です。
    もし、ナースの仕事に限界を感じてしまったら、無理せず転職という選択肢を選びましょう。まず一番の資本は体です。無理をしすぎないように。

  • ナース 転職 木, 8月 28, 2014 No Comments

    新人のナースには「このお仕事はキツイ」と思う時期があるようです。誰もが通る道と言い切ってしまえば、それまでの話かもしれません。どのような職種にもあることだと言うこともできるでしょう。ただ、特別な仕事であることは確かです。別の職場に転職したい、と考えても不思議ではありません。


    <新人ナースの転職>

    なかなか厳しいというのが現実です。なぜなら、転職サイトでも、ハローワークでも、求人には経験年数が重要なポイントになっています。石の上にも三年とまでは言いませんが、経験というスキルは大切な項目であるのは事実です。本当に、現在の職場環境が厳しいと感じるのなら、まずは同じ仲間に相談してみるのもひとつの手段でしょう。特に、面倒見の良い先輩などは相談相手としては適切だと思います。


    <プリセプター?>

    現在の職場でプリセプターがいますか。プリセプターとは新人ナースの教育係のことです。大先輩というよりは、おそらく少し上の、経験年数でいうと3年から4年程度の先輩が1年ほどかけて新人を育てます。つまり、最低限の一人前になるには1年はかかるということです。転職を考えるのはそれからでも間に合うと思います。もしかしたら、気がつけば、自分がプリセプターの立場になっている可能性もあるのですから。経験というスキルは、とても重要であると頭に入れておきましょう。

  • ナース 転職 水, 5月 21, 2014 No Comments

    ナースは病院だけではなくて、外の世界でも活躍することが出来るんですよ。
    以前、東日本大震災が起きてしまった時、救急隊が少なくてなかなかスムーズに被災者を助けることが出来ませんでしたよね。
    少しでも人手が欲しい時に、ナースの資格を持っていると力になることが出来るので、非常に頼もしい存在です。
    職場以外でもその力を活かして発揮することが出来るのって、すごいですし格好良いと思いませんか?


    <ナースと呼ばなくなってきている?>

    最近では、ナースと呼ばずに看護師と呼ぶようになってきているのを知っていますか?
    今までは女性しかいなかったのでナースで良かったのですが、近年では男性も増えてきているので看護師と呼ぶのだそうです。
    正確に言えば、女性が看護師、男性が看護士と言う風になるみたいなので、頭の片隅にでも入れてもらえたら嬉しいです。
    いつから変わり始めたのかは分かりませんが、世代によって呼び方が少し分かれてくるのかもしれませんね。


    <転職サイトを利用したい>

    ナースの多くの人が、転職サイトを利用しているみたいなんですよね。
    その理由は、今の環境は自分に合っていないからとか自分が沢山働いているのにそれに見合った給料をもらえていないからみたい。
    出来るだけ多くのサイトに登録しておく方が、情報量も多いのでいいと言われていますよ。

  • ナース 転職 月, 5月 12, 2014 No Comments

    子供がいるけれどナースの仕事がしたいと、考えている人も少なくないのではないでしょうか?
    今までは子育てとの両立は難しかったみたいですが、最近では託児所を設けている病院などもあるみたいなので子供がいてもナースとして働くことが出来るようになっているみたいですよ。
    だから、安心して仕事と子育てを両立させることが可能なので、事前に自分で調べて確認をしてみて下さいね。


    ナースだけではなく男性も

    男性看護士で子供を抱えている人でも、同じく託児所に預けることが出来るので何も心配はいりません。
    ただ、その場所によって変わってくるはずなので自分で色々調べてその中から比較をして選ぶようにしてみてもらえれば。
    また、夜勤をしなくても大丈夫だという所もあるようですし、夜勤が難しいといって少しだけ変更してもらうことが出来るところもあるようなので、そういった点についてもぜひチェックしておくように。


    ライフスタイルを守ろう

    ナースや男性看護士として転職する時は、なるべく自分の希望条件を入力して検索を。
    夜勤はこれくらいで勤務時間はこのくらい、勤務先はこのあたりがいいとか詳しく入れてから検索をして、その結果次第で徐々に条件を緩めていくのが一番いいと思いますよ。
    自分のライフスタイルを確保しつつ、働ける場所を探していきましょう!

  • ナース 転職 月, 5月 12, 2014 No Comments

    ナースは昼間だけ忙しく働いているわけではなくて、夜勤もありますから夜も忙しくしています。
    日中は人手がありますからいいかもしれませんが、夜勤は人数が限られてしまいますので色々必要になるみたいです。
    一番必要だと言われているのは、チームワークみたいでこれがうまくできないとグダグダになってしまうのだそうです。
    だから、夜勤を行なう時は出来るだけみんなで協力をして仕事をこなしていくらしいですよ。


    ナースと男性看護士

    夜勤にはナースだけではなくて、男性看護士が一人くらいいてくれる方が安心できていいです。
    今では男性も増えてきているので、夜勤のメンバーの中に男性を一人二人入れるというやり方の方がいいかもしれないですね。
    やはり女性だけではこなせないこともありますし、男性がいてくれた方が肉体的にも精神的にも助かるはずですから。
    また、男性の方が医療機器に強い傾向があるので、病院側としても嬉しいかもしれません。


    本当にそれでいいの?

    ナースの転職を考えている人もいるとは思いますが、本当に後悔しないかよく考えてからにしましょう。
    思い切って転職をすることを決めるのはいいけれど、果たして本当にそれでいいのか何度か考えるようにしてみて。
    新しい環境で働き始めるというのは簡単ですが、心と体がついてくることが出来るのかという事も視野に入れてみて下さいね。

  • ナース 転職 月, 5月 12, 2014 No Comments

    ナースは老人養護施設や保健所などでも活躍することが出来るんですが、びっくりですよね。
    個人的には病院だけでしか働くことが出来ないと思っていたので、知った時には本当に驚きました。
    資格を持っていると、病院以外にも働ける場所が数多くあるみたいなので、病院が自分に合っていないからといって看護の仕事を簡単にやめてしまうのは、まだまだ早いのかもしれませんね。


    ナースは女性ばかりだから大変?

    ナースといえばやっぱりじょせいが多いですが、だからこそ大変なこともあるみたいですよ。
    例えば、患者さんが男性で一人ではお手洗いに行けない人もいる中で、一緒に付き添うのがナースだと困ってしまいますよね。
    やっぱり出来れば異性ではなく同性の方がいいと思っている人も、少なからずいるはずですものね。
    だから、男性の看護士が少しずつ増えてきてくれると病院側にとっても患者さんにとっても、すごく助かるかもしれません。


    男女差別のない環境を

    今までナースと呼ばれ女性の看護師が多かったのですが、今では男性の看護士が増えて少しずつですがバランスが取れてきています。
    ナースというのは差別用語になってしまうらしいので看護師という呼び方に変わりました。
    男性も女性も転職者が増えて医療業界の負のスパイラルを、断ち切ってくれるといいですよね。

  • ナース 転職 月, 5月 12, 2014 No Comments

    ナースとして働き始める前に、必要なものを揃えていきませんか?
    初めて働き始める人は必要最低限のものを揃えるようにして、新しい環境で働き始める人は気分を入れ替えるために道具を新しくそろえ直すというのもいいと思うんですよね。
    今では、ナース向けの通販サイトもいくつかありますので、そちらでそろえてみるのがいいと思います。


    ナースとしての責任を持とう

    ナースとして働くのなら、たとえ新入りだったとしても責任感を持つようにした方がいいでしょう。
    人の命を預かる仕事なのでちゃんと責任感を持つようにして、仕事をするようにしてもらえればと思います。
    分からないことがあるのなら、聞けるうちに全て聞いて解決しておくようにして、しっかり仕事が出来るようにしましょう!
    不安なこともあるでしょうし悩みも出てきたりしますが、その時は先輩などに聞いてもらったりするのもいいですね。


    自分に適した場所を

    ナースとして働くのもいいですし、福祉施設で働くのでも構わないと思いますが、一番大事なのは自分に合っているのかどうか。
    転職をする時などにも自分に合っているのか、その人たちの年齢層とか環境について調べておくことをおすすめします。
    自分に適している場所じゃないと続けることが難しくなってしまうから、選ぶ時は慎重に。

カテゴリー